HOMEABOUTNEWSLINE UPBLOGTIME TABLEREVIEW



●ごP●(マイリスト『ごPの制作物』→mylist/11311045


 「丸借りPV」という独自手法と、キッズソングM@STERというまさにアイドルの仕事らしい、子供向け楽曲とのコラボPVの両輪を走らせてニコマスに新たな風を吹き込み続けているごPがVerRockFesに登場だ。
 私事になるが、実は僕が一時期動画制作を試みていた時代にこの「丸借りPV」の手法を考えてたことがあった。動画の映像美を支持する視聴者からはもしかしたら剽窃だと思われるかも知れないこの手法だが、映像と音楽を「繋ぐ」素晴らしさはここに確かに凝縮されているのだ。それは丸借りの元PVをよく知っている人であればあるほど、強く意識できるものだ。
 処女作からそんな魅力を存分に溢れさせていたごPは、自撮り環境を得て更に輪郭を強めたように思う。アイドルとテレビの前の(或いはスタジオの中の)チビっ子を「繋ぐ」存在感が、確かにそこにあるのだ。今回のVRFでどちらの手法で挑むのかは判らないが、きっと僕らと彼女たちのステージを「繋いで」くれる動画を見せてくれるだろう。(婿固め)

 アイマスの元の映像ではなく、ニコマスのMADをカットアップして作られる「丸借り」。これが実に面白いアプローチだった。例えばアイマスの原作から自分の形に落とし込んで作品を作ったり、とあるニコマスのMADからインスピレーションを得てそこから自分の作品へ落とし込んでいく事は多くの人がやっているだろうが、既にある物をカットアップだけで、自分の形で落とし込んでいくという発想に行き着き、表現した事は本当に興味深い事だと思う。 言ってしまえば単に三次創作なのかもしれないが、これはよっぽど好きな作品があって、どう構築し直すかという過程なしには簡単には出来ない事だと思う。
 そして何より現在は自撮りの環境が整い、キッズソングM@STERなどをメインに精力的な活動を続けている。果たしてフェス当日、ステージに立ったごPはどんなパフォーマンスを見せてくれるか。是非とも期待して頂きたい。
 余談ではあるが、2009年のNICOM@S ROCK FESで、主催とごPは同日にストレイテナーというアーティストでMADを上げている。 ごPは慈風Pの動画をカットアップした作品、一方の主催は今までの自作をカットアップした作品であった。運命はこの瞬間に始まっていたのかもしれない。(めいろっく)


         
Copyright (C) verRock festival. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system